スノーボード用品は安く購入できるセール時期を狙うのがおすすめ!の巻

Pocket

スノーボード用品は安く購入できるセール時期を狙うのがおすすめ!

 

スノーボード用品の値段って、メーカーによってピンキリですが、そこそこ良い道具を揃えようと思うと結構高額になってきますよね?

新品で定価で買うとなると、スノーボード、バインディング、ブーツだけで15、6万円、それにウェア上下にグローブ、ゴーグル、ヘルメット、その他アクセサリー類など合わせたら30万円くらいはかかります。

滑りに行きたいから道具を揃えたのに、お金がなくて滑りに行けないという本末転倒な話になりかねませんw

ですので今回の記事は、スノーボード用品を安く購入できる時期や、ネットショップと実店舗どちらで購入するのがおススメかを解説したいと思います!

どうせ買うならセール時期や特価を狙って購入しましょう!

下記記事も参考にどうぞ!

グラトリする時のブーツって気にしてますか?板はこだわり、バインやブーツは気を使わないってありますよね?板の力を最大限に引き出すためにも、バインやブーツも使いやすい物を選ぶと効果的です。今回はグラトリに特化したブーツの解説をします。
グラトリする時のバインディングって気にしてますか?板はこだわり、バインやブーツは気を使わないってありますよね?板の力を最大限に引き出すためにも、バインやブーツも使いやすい物を選ぶと効果的です。今回はグラトリに特化したバインディングの解説をします。
スノーボードでカービングが出来ると次のステップでやってみたくなるのが「グラトリ」。「グラトリをしてみたいけど、どんな板を使えば良いの?」「グラトリって初心者でもできるのかな?」という方に、ボード歴23年の僕が人気の板ランキングを解説します。

 

今回の記事を読んでわかること

・スノーボード用品が安く購入できる時期がわかる
・ネットショップと実店舗どちらがおすすめかわかる

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

スノーボード用品が安くなる時期

SALE

スノーボード用品が安くなる時期は、NEWモデル(新商品)と旧モデル(型落ち品)によって違います。

それぞれわけて解説します。

NEWモデルが安く買える時期は

1.スノーシーズンが始まる前(6~11月)

その年のNEWモデルはだいたい8月くらいから店頭に並びだします。

実際に一番売れてくるのは11月以降になってきますが、6月くらいから始まる早期予約をすると10~20%ほど割引で買えることがあります。

早期予約は早ければ1月か2月には始めるショップもあります。

お目当ての商品がある場合は店舗を頻繁にチェックすると良いでしょう。

ただ国産モデル(OGASAKA、ACT GEARなど)の割引率はあまり高くありません。

良くて10%OFF、それかチューンナップのオプション付きなどです。

実店舗だと例えば、ムラサキスポーツなどは割引は無いけど、ベースワックス永年無料、スノーボード無料診断、下取り保証などをやっているようです。

ネットショップなどを見ると、10%割引にソールカバー、ステッカー、デッキシート、ケーブルロック、ベースワックスサービスが付き送料無料になるといった感じが多いですね。

ただ国産モデルは10%オフでも割り引いてもらえればかなりお得を感じるクオリティがあります。

ちなみに海外モデルは20%くらい割引になっている物も多いです。

コスパを考えるなら海外モデルがお得感ありますね。

まぁ海外でも国産でも、結局は自分に合った道具を選ぶのが一番ですけど!

またNEWモデルが売れ出す10月くらいには、先シーズンに売れ残った旧モデルも在庫処分販売をしています。

お目当ての商品を格安でゲットできるチャンスです!

この時期に買うメリットデメリットは、

メリット

・NEWモデルが早期予約で確保できるうえ、割引価格で購入が出来る
・旧モデル(型落ち品)が売っていればさらに安く買える

デメリット

・シーズン前なのでNEWモデルの割引率がそこまで良くない

2.スノーシーズン中盤から終了間際(2~5月)

シーズン前半はまだまだこれから道具を揃える人がたくさんいるので、店舗側も書き入れ時です。

ですが、シーズン中盤以降はみんな滑る道具を揃えてしまっているので、店舗側はやむなくNEWモデルの値下げをして対応します。

早い物だと1月には値下げを始めているネットショップも見られました。

2月くらいに入ると25%OFF、またはそれ以上の割引になるショップも出てくるのでシーズン後半が一番安く購入できると言えます!

逆に人気商品などは2月には売り切れということもあるので、あまり安くなるのを粘りすぎると買えなくなる恐れもあります。

またこの時旧モデル(型落ち品)で狙っていたものが残っていれば、かなり安い値段で購入できるはずです。

3月には決算もあるので、それに向けて在庫処分をしたいはずなので、上手くいけば半額相当のギアも見つかるかもしれません。

この時期に買うメリットデメリットは、

メリット

・NEWモデルだけではなく、旧モデルもかなり格安に買える
・割引率がかなり高くなっていてお買い得感が得られる

デメリット

・人気モデルはすぐに売り切れてしまう
・シーズンが終了に近づいているので、滑れるスキー場がだんだん限られてくる

シーズン終了したくない人は、6月以降もガンガン滑れる月山スキー場がおススメ!

夏スキーのメッカ、月山スキー場。かぐらや、奥只見丸山スキー場でさえ5月末で終わってしまう中、長ければ4月から7月後半まで営業しているスキーヤー・スノーボーダーにとってなんともありがたいスキー場。そんな月山スキー場を実際に滑ってみた様子と、滑り終えてからのおススメ観光情報を発信しています。

旧モデルが安く買える時期は

スノーシーズン直前の10~11月中

8月くらいから入ってきたNEWモデルが、シーズンインにさしかかる11月頃からかなり売れ始めます。

この時店舗側の心理的には型落ち品を在庫処分したいはずです。

売れ残るよりは大幅値下げで売りさばきたいくらいの気持ちでしょう。

ですのでこの時期に旧モデル(型落ち品)を狙うのはおススメです。

型落ち品は在庫数が少ないので12月頃には売り切れやすくなります。

気に入った商品があったら速攻ゲットしましょう!

この時期に買うメリットデメリットは、

メリット

・旧モデル(型落ち品)がかなり安く買える
・シーズン前なので、買ったらそのままシーズンイン出来る

デメリット

・在庫処分なので数に限りがあり、良いモデルはすぐ売り切れてしまう

ネットショップと実店舗どちらが安く購入できるか

値段が安いという結論から言うと「ネットショップ」です!

店舗を置かない分、固定費や人件費などがかからないのでその分値段を下げることができます。

実店舗のようにスペースに限りが無いので、道具の種類も豊富に用意されています。

そのかわり実店舗には試着が出来たり、いろいろなギアに触れることが出来るという最大のメリットがあります。

プロの店員さんに相談しながら自分に合う道具を選ぶことも出来ますからね!

板はともかく、ブーツとバインは出来れば試着したほうが良いかなと個人的には思います。(最悪ブーツだけは、、、)

そして実店舗には、ネットショップには置いていないようなレアアイテムや限定品などが割引になっている場合があります。

神田あたりのスノーボードショップをはしごすればいろんな物が見つかります。

下記記事も参考にどうぞ!

「ギュン!」っとエッジを切って曲がるカービングターンってかっこいいですよね!スノーボードをするうえで基本となるテクニックですが、グラトリやキッカー、パイプなどもカービング技術があってこそ!今回の記事はカービングにおススメな板の紹介と、その選び方を解説します。
カービングをこれから始める初級者や、カービングが上手くなってきた中級者には、カービングの感覚を養える、滑りをサポートしてくれるブーツを揃える方が上達が早くなります。今回の記事では、カービングターンに特化したブーツを徹底レビューしたいと思います。
バインディングはブーツからスノーボードへ力を伝える大事なつなぎ目。特にカービングターンをするには板へのレスポンスや足へのサポート力が重要になります。今回の記事では、カービングターンにおすすめなバインディングの解説をしたいと思います。

 

賢くお得にスノーボード用品を購入する流れ

1.NEWモデル、旧モデルそれぞれ安くなる時期に買いに行く
2.出来れば実店舗で試着してみる
3.ネットショップと値段を比較してみる
4.サービスを含めどちらがお得か判断し購入する

例えば、

・安くて送料無料、いろんなオプションもつくからネットで買おう!
・値段は高いが、店員さんと話しながら決められるので実店舗で買おう!
・ダリングやワックスなど、オプションサービスや保証が手厚い方にしよう!

などです。

何もわからず不安な場合は実店舗で購入するほうが良いでしょう!

たまに在庫処分したいものを勧めてくる店員さんもいるので、そこは気をつけましょうw

ダマされないコツは、詳しい人と一緒に行くか、簡単に話が出来る程度に知識をつけておくことです。

あとは店員さんの接し方でわかると思いますが、誠実な対応の人から購入するのがいいでしょう。

 

購入したものが届いたらスキー場へGo!!

岩原スキー場

お目当てのスノーボード用品を購入したら、あとはスキー場へ滑りに行くだけですね!

スキー場によって初級者コースが多く練習がしやすいところや、中上級者が楽しめるところなど様々。

特にこれからスノーボードを始める初心者の方や、何回か滑ったことのある初級者の方にはなるべく滑りやすい安全なゲレンデへ行くことをおススメします。

僕が良く行く、初心者でも楽しみやすいゲレンデです!

・栂池高原スキー場(長野)
・岩原スキー場(新潟)
・川場スキー場(群馬)
・キロロスノーワールド(北海道)

もし近い方で行けそうならおススメなのでぜひ行ってみてほしいです。

 

下記の記事に、ゲレンデの様子や観光情報など載せているのでよかったらご覧ください。

スキー・スノーボード初心者の方におススメのスキー場を、ミリススタイルが実際に体験し、その中でも素晴らしい5つのスキー場を紹介しています。各スキー場のメリットやオススメの滑り方、周辺の美味しい料理の店など、観光情報を体験を元に掲載しています。

 

スノボ用品以外にスキー場のリフト券も格安で購入できるんです!

スキー場を賢くお得に利用するために、早割シーズン券・早割りリフト券のお得さ、格安に買う方法、使用出来る日出来ない日、メリット&デメリット、個人的なオススメの買い方、オススメのスキー場などを紹介しています。

 

初心者やカービングにおすすめなセッティングをご紹介しています!

カービングの上達にはビンディングのスタンス幅とスタンス角度(アングル)、さらにいくつかの調整をプラスすることで快適なライディングが出来るようになります。今までカービングがうまくいかなかった人が、コツをつかむきっかけになる記事になっております。

 

ターンが出来るようになったら次はグラトリに挑戦するのも楽しいですよ!

グラトリをする時に「スタンス幅は何センチ?」「スタンス角度(アングル)は何度?」とか、最初はわからないですよね?この記事では、グラトリ時の板の力を最大限に発揮させるための「スタンス幅」と「アングル」についてご説明しています。

 

楽しいスノーボードがケガで台無しにならないように、ヘルメットの重要性をご説明しています!

スノボやスキーで安全を守るうえでヘルメットは重要です!恐怖心を減らしパフォーマンスを向上させるため、初級者からパークやグラトリ、高速カービングでレベルアップしたい人に必要です。今回はヘルメットの中でもGIRO(ジロ)の最新モデルを解説します。

 


今シーズンもまだまだ滑りまくりましょう(^-^)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

【ブロガーの十戒】クリックをください!クリックが無いと泣きたくなります!

【ブロガーの十戒】フォローされると心の底からよろこびます!