【22-23 PLUTONIUM SENSE】スノーボード試乗会体験レビュー!

Pocket

【22-23 PLUTONIUM SENSE】スノーボード試乗会体験レビュー!

2022-23モデルの試乗会に行ってきました!

試乗会は来季新作のスノーボードやビンディング、ゴーグルやグローブなどをどんな感じか乗って試すことができる貴重なイベントです。

何点か試乗したスノーボードの中で、今回はPlutonium【SENSE】に注目してみたいと思います。

SENSEに試乗したレビューや評価、どんな人におすすめかを解説していきたいと思います。

そのほかのスノーボード試乗レビューはこちら!

スノーボードメーカーの22-23モデルの試乗会に行ってきました!試乗会は来季新作の板などを試し乗りできる貴重なイベントです。さまざまなフリースタイル&フリーライドボードに試乗してきましたので、レビューや特徴、どんな人におすすめかを解説します。

あくまで個人的な見解になりますので、参考程度に見てください^^

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

今回試乗レビューするスノーボード

Plutonium【SENSE】154cm 22-23モデル

試乗レビュースノーボード 22-23モデル Plutonium SENSE

メーカー希望小売価格 74,800円(税込)
形 状 ダブルキャンバー(GULL WING)
シェイプ ツインチップ
サイズ(cm) 138 144 148 151 154
フレックス SOFT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 HARD
対象レベル 初心者~中上級

Plutonium【SENSE】の特徴

22-23モデル Plutonium SENSE の試乗評価や特徴

プルトニウム「SENSE」の試乗評価は、初心者からグラトリ好きまで楽しめるダブルキャンバーボードでした!

まず何と言ってもダブルキャンバーの特徴は、センター部分のロッカー形状ですね!このセンター部分のロッカー形状が、雪面への引っ掛かりを軽減し逆エッジになりづらいという特徴があります。初心者の人がターンを練習するのに向いています!

またノーズとテール部分が反り上がりを大きくした「GULL WING」形状なので、グラトリをするときの操作性がいい!特にフレックスが柔らかめなので、バター系のトリックが最高にハマります!

さらに足元のキャンバー形状が反発力を生み、グラトリで大事なオーリーの高さを出しやすくしてくれます!

22-23モデル Plutonium SENSE のダブルキャンバー形状

ノーズとテールに搭載されたXカーボンが、弾き系のグラトリに大切な板の反発力を引き出してくれます!

グラトリに大切な板の反発力を生み出す Plutonium SENSE のXカーボン

ダブルキャンバーは、パウダーランや地形でのトリックにも向いていて総合的に楽しめます!ソールにはシンタードベースを使用し、滑走性能も耐久性も高いモデルと言えるでしょう!

ただビッグキッカーやカービングでガンガン攻めたいような人には、フレックスが柔らかめなので物足りなさを感じるかもしれません。

Plutonium【SENSE】の総合評価

22-23モデル Plutonium SENSE のグラフィティ

スタイル(5段階中)
フリーラン 4 カービング 3
グラトリ(弾き系) 4 グラトリ(バター系) 5
ジブ 4 キッカー 3
パウダー 3 ハーフパイプ 2
5=相性抜群! 4=相性まずまず 3=それなり 2=相性よくない 1=全然合わない

初心者が最初に買う1本目の板としても、グラトリ好きの相棒としても質の高いボードです!

グラフィックもキレイでカッコよかったです^^

 

21-22型落ちモデルも狙い目です!

 

ネットショップでスノーボードを購入する注意点!

ネットでスノーボードを購入する場合、ダリングやケバ取り、ベースワックスなどのメンテナンスがされていない、またはしてもらえない場合があります。 購入前にメンテナンスもしてもらえるかショップスタッフさんに確認をしたほうがよいでしょう!

 

ダリングのやり方はこちらの記事をどうぞ!

ネット購入したスノーボードはダリングされていない場合も!他人との接触時や転倒時に、尖ったエッジにぶつかり大ケガにつながることも!ダリングはケガを最小限に抑えるためのマナー。簡単な作業なので、今回はダリングのやり方を画像付きでご説明します^^

滑走面のクリーニングとケバ取りの様子はこちらの記事をどうぞ!

スノーボードで滑っていると滑走面が汚れてくることがありますよね?原因は雪についている汚れなんです!汚れは板の滑走性を悪くする1番の原因。そして、汚れを取るためのアイテムがリムーバーです!今回は、リムーバーを使った滑走面の汚れの落とし方を解説します。

ホットワックスのかけ方はこちらの記事をどうぞ!

シーズンインからスノーボードが走らない!原因は板の滑走面にワックスを塗っていないから!滑走性が悪い板は、上達の妨げや転倒などケガのリスクにつながります。今回の記事は、スノーボードでのホットワックスのかけ方を画像つきで解説していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket