スノボでリフト券をおしゃれに見せる流行りの人気パスケース14選!

スノボでリフト券をおしゃれに見せる流行りの人気パスケース14選!

パスケースと言えば、リフト券や小銭、ちょっとした小物などを入れておける便利なアイテムですよね!最近はスキー場でおしゃれにパスケースをつけているスノーボーダーやスキーヤーをよく目にします。

「パスケースなんてなんでもいいじゃん!」

って思うかもしれませんが、かっこいいパスケースが結構あるので欲しくなっちゃうこと間違いなしです!

ちなみにスノーボードウェア自体にリフト券入れがついていることもあります。まずはウェアを確認していただいて、無かったらパスケースを選ぶといいでしょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

パスケースの種類は基本5パターン

手(グローブにつける)

スノーボードのグローブ用パスケース

出典:https://item.rakuten.co.jp/peace-price/snj-99/

1番動かしやすいのでリフトスタッフに見せるのも、ICチップのゲートを通るのも楽ですね!

スノーボードの腕用パスケース

出典:https://item.rakuten.co.jp/inds-web/10015376/

1番定番のタイプ。こちらもスタッフに見せるのも、ICチップでも使いやすいです!

腰回り

スノーボードの腰用パスケース

出典:Amazon club.it’sオンラインショップ

カラビナで腰につけるタイプ。リール付きのほうが伸ばせるのでICチップは通りやすいです。

ゴーグル

スノーボードのゴーグル用パスケース

出典:https://item.rakuten.co.jp/fleaboardshop/21on50f201239/

オシャレ感がアップするのですが、ICチップがちょっと面倒です。カラビナがついていて腰につけれるタイプもあるので、ゲレンデによって使い分けるといいでしょう!

首さげ

スノーボードの首下げ用パスケース

出典:https://item.rakuten.co.jp/supersportsxebio/207618055011/

滑走中はジャケットの中にしまえば紛失しづらい。スタッフに見せる時にいちいちジャケットを開けて見せるのが少し面倒かなと感じます。

どんなパスケースを選べばよいか?

ICチップを取り入れているゲレンデが増えたため「手」「腕」「腰」につけるパスケースがゲートを通りやすくおすすめです!

おしゃれ重視のスノーボーダーやスキーヤーは「腰」や「ゴーグル」にするのもあり。ただ「ゴーグル」はICチップのゲートがちょっと通りづらいというデメリットもあります。

転倒時のパスケースの紛失を防ぐならジャケットの中にしまう「首さげ」タイプがおすすめ。

注意!

パスケースは転倒時などに紛失してしまう場合があるので、車のキーや貴重品などはウェアのポケットやコインロッカーなどにしまったほうがよいです

おしゃれで流行りの人気パスケース14選

ORAN’GE(オレンジ)

タイプ グローブ

クッション性、伸縮性に優れ、マジックテープでしっかりグローブにフィットします!

スキー場によってチケットを係員に見せる場合や、ICゲートになっている場所もあります。ですので、手にチケットをつけておくパスケースがどんなゲートでも通りやすいので失敗がないです。

ICチケット、紙のチケットどちらにも対応しています。

グローブ自体にリフト券を収納できる物もあります!

スノーボードでのグローブの役割は寒さから手を守ること。日本の雪山は天気が変わりやすく保温性のないグローブは凍傷の危険性があります。また防水透湿性のある素材を選ぶことも重要。今回は、スノボ用グローブの選び方とおすすめのモデルをご紹介します!

eb’s(エビス)

タイプ グローブ

グローブへのフィット感が良い、伸縮性の良い素材を使っています。カラーも4種類とバリエーション豊富で選ぶのが楽しいです!

なんかこのスマイル見てるとちょっと嬉しくなります^^

DEATH LABEL(デス レーベル)

タイプ グローブ

グラトリやジブ、パークなどでも人気の高いデスレーベルから販売しているパスケースです!こちらもグローブの甲部分に装着するタイプです。クールなデザインでカッコいいです!

ROXY(ロキシー)

タイプ グローブ

ネオプレーン素材で、クッション性や伸縮性が良いグローブに着けるタイプのパスケースです!ROXYのロゴが可愛いですね!

eb’s (エビス)

タイプ

スマホも収納できるパスケース!カラビナ付属で、腰やバッグに取り付け可能。止水ファスナーになっているので、雪や水の侵入も防ぐ。中綿も保温性があるので、バッテリー切れの早いスキー場ではありがたいですね!

Burton(バートン)

タイプ

スノーボードと言えばバートンと言われるくらいメジャーなブランドです。カラーバリエーションが豊富で、バートンのロゴがオシャレなパスケースです。カラビナ付きで腰につけるタイプです。

ROXY(ロキシー)

タイプ

ロキシーの腰につけるタイプのパスケースです。スキー場でも普段使いでもコンパクトサイズで使い勝手がよいです!カラビナがついているのでバッグ等に装着もでき、使える幅が増えます。

north peak(ノースピーク)

タイプ

スノーボードの小物アイテムに強いノースピークの腰用パスケースです。こちらはオートリール付きなのでICチップのゲートが遠い時などに伸ばすことができるのでとても便利です!腕につけれるタイプもあります。

salomon (サロモン)

タイプ

サロモンは1947年にフランスのアヌシーで創業した、スキーやスノーボード、スポーツシューズなどの総合アクティビティメーカー。腕に装着できるタイプもあります!

VOLCOM(ボルコム)

タイプ

新しいものを常に作り続けてきたボルコムの、腕に巻くタイプのパスケースです。これぞボルコムと思わせるパンキッシュなデザインが、付けているだけで気分を高めてくれます。ゲレンデで目立つこと間違いなし!

ORAN’GE(オレンジ)

タイプ

ネオプレーン製の素材がクッション性、伸縮性に優れたオレンジの腕巻き用パスケースです!マジックテープでしっかり固定してくれるので安心感があります。

eb’s(エビス)

タイプ ゴーグル

こちらはエビスのゴーグルストラップ巻きつけタイプです。さりげなくおしゃれを決めてますね!ただゴーグルタイプはICチップのリフトなどでは通りづらいデメリットがあるのですが、このタイプはカラビナがついているので、腰につけてICチップに対応できるおしゃれも機能面も考えられたデザインになっています。

eb’s(エビス)

タイプ 首かけ

スマホが収納できるパスケースになっています!首にかけてウェアの中に入れておけるので、保温性が保たれてバッテリーの減りを抑えられます。

ELECTRIC(エレクトリック)

タイプ 首かけ

エレクトリックの首かけ用パスケースです。スマホを収納でき、ショルダーバッグとしても使用可能です。

おしゃれなパスケースでゲレンデを楽しもう

今回は、おしゃれなパスケースの人気ブランドをご紹介してみました。この中で気に入ったパスケースが見つかってくれたら嬉しいです!

パスケースはリフト券や小物を入れるだけではなく、スノーボードウェアをかっこよく着こなすワンポイントにもなります。また自分のお気に入りのパスケースだと、リフトに乗る時に毎回気分が上がりますからね~。他のボーダーさんにチラチラ見せてみたりとかもありです(笑)

みなさんに、お気に入りのパスケースが見つかることを願っています!

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

【ブロガーの十戒】クリックをください!クリックが無いと泣きたくなります!

【ブロガーの十戒】フォローされると心の底からよろこびます!