【22-23 BATALEON Wallie】スノーボード試乗会体験レビュー!

Pocket

【22-23 BATALEON Wallie】スノーボード試乗会体験レビュー!

 

2022-23モデルの試乗会に行ってきました!

試乗会は来季新作のスノーボードやビンディング、ゴーグルやグローブなどをどんな感じか乗って試すことができる貴重なイベントです。

何点か試乗したスノーボードの中で、今回はBATALEON【Wallie】に注目してみたいと思います。

Wallieに試乗したレビューや評価、どんな人におすすめかを解説していきたいと思います。

 

そのほかのスノーボード試乗レビューはこちら!

スノーボードメーカーの22-23モデルの試乗会に行ってきました!試乗会は来季新作の板などを試し乗りできる貴重なイベントです。さまざまなフリースタイル&フリーライドボードに試乗してきましたので、レビューや特徴、どんな人におすすめかを解説します。

 

あくまで個人的な見解になりますので、参考程度に見てください^^

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

今回試乗したスノーボード

BATALEON(バタレオン) Wallie 151cm 22-23

BATALEONのフリースタイルボード Wallie(ウォーリー)

形 状 ローキャンバー
シェイプ ツインチップ
サイズ(cm) 145 148 151 154 154Wide 156
フレックス SOFT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 HARD
対象レベル 初中級~上級

BATALEON Wallieの特徴

BATALEON(バタレオン)のフリースタイルボードWallieのソールデザイン

ソフトフレックスなのに、しならせた板の反発がメチャメチャいい!いつものように弾くと回りすぎてしまうくらい跳ねる!そしてとにかく軽い!

この反発力は足元と板の中心にカーボンが入っているからなんだろうと思います。

BATALEON(バタレオン)のフリースタイルボードWallieの反発力を高める2種類のカーボン

また逆エッジになりづらく、バター系のトリックも、カービングの切り返しも楽に出来るのがこの板の良い特徴だと感じました!

Twin 3BT(トリプル・ベース・テクノロジー)のコンベックス(船底のような)形状、さらには雪面に接するコンタクトポイントをアップリフトさせたSideKicksの技術がそれを可能にしていると思われます。

BATALEON(バタレオン)のフリースタイルボードWallieの逆エッジになりづらいTwin 3BT構造とSideKicks

また高速域でのカービングやラントリというよりは、低中速域での遊びのほうが楽しめる板だと感じました。グラトリ・ジブ・キッカー好きには最高なボードじゃないでしょうか!

ノーズとテールの3D形状によりパウダーでの浮遊感も楽しめますが、パウダーメインなら専用の板のほうがいいでしょう。

バインディングは、来シーズンから登場のBATALEONのアシンメトリーシリーズとの組み合わせが想像以上に良かったです!

グラトリやパークメインなら「Chaos Asym」または「Blaster asym」あたりが相性抜群です!

ストラップのホールド感やハイバックのレスポンスも出せるうえに、動きの柔軟性がとても高かったです。これは外側のシャーシをなくしたアシンメトリー構造のバインが、グラトリやパークで重要な横への動きの柔軟性を広げているのだと感じました。

BATALEON(バタレオン)のフリースタイルバインディングChaos Asymのアシンメトリー構造

BATALEON Wallieの総合評価

グラトリやジブ、パークに向いているBATALEON(バタレオン)のフリースタイルボードWallieとフリースタイルバインディングのChaosのセッティング

スタイル(5段階中)
フリーラン 4 カービング 3
グラトリ(弾き系) 5 グラトリ(バター系) 5
ジブ 5 キッカー 4
パウダー 3 ハーフパイプ 2
5=相性抜群! 4=相性まずまず 3=それなり 2=相性よくない 1=全然合わない

高回転もバターも楽しい、グラトリ・ジブ好きに最高な1本!

バタレオンのアシンメトリーバインディングとの組み合わせは操作性抜群でした!

※2022/4/10時点で22-23モデルを販売している店舗が見当たらなかったので、21-22の型落ちモデルを載せておきます。

 

※21-22モデルのバインディングはアシンメトリー構造ではないので、フレックスが1段階ほど高くなっています。

注意!

初心者の方でネットでスノーボードを購入する場合は、ダリングやケバ取り、ベースワックスなどがされていない場合があります。 購入前にメンテナンスもしてもらえるかショップスタッフさんに確認をしたほうがよいでしょう!

 

ダリングのやり方は今後記事にしたいと思います。

ケバ取りは下記の記事を参考にしていただければうれしいです^^
手順2と手順3がケバ取りの様子です。ブロンズブラシがない場合は、手順2を省いても問題ありません。

スノーボードで滑っていると滑走面が汚れてくることがありますよね?原因は雪についている汚れなんです!汚れは板の滑走性を悪くする1番の原因。そして、汚れを取るためのアイテムがリムーバーです!今回は、リムーバーを使った滑走面の汚れの落とし方を解説します。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

【ブロガーの十戒】クリックをください!クリックが無いと泣きたくなります!

【ブロガーの十戒】フォローされると心の底からよろこびます!