スニーカーへの防水スプレーの使い方と選び方!の巻

Pocket

スニーカーへの防水スプレーの使い方と選び方

寒い冬も終わり、ようやく初夏の暖かさに。
気持ちいい~!のもつかの間。
これからは嫌なあの時期がやってきますね。

そうです。梅雨!

気温は暑いし湿度ムンムン。
おまけに雨ばっかりでお気に入りのスニーカーがびっしょり。

家に帰り、水分で重くなった靴下をどうやって脱ぐか。
これが1日で最悪な時間なのは間違いありません。

靴が濡れる。
靴が汚れる。

嫌なんです。絶対!

ということで今回は、
スニーカーへの防水スプレーのかけ方を記事にしてみます。

雨なんてクリンビューのようにピッシャーはじいて、負けないようにいきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

靴に最適な防水スプレーを選ぼう

まず何といっても重要なのは、
靴に合う防水スプレーを選ぶことが大事です。

防水スプレーの種類は、

シリコン系
繊維の隙間をシリコンでしっかりコーティングするため防水効果は高いが通気性が悪い。
通気性が悪いので靴には不向き。ゴアテックスには使用できない。

フッ素系
全般的に使用できる。
繊維の隙間に細かなフッ素樹脂がくっつき撥水するため、通気性は保たれるが持続力がない。
くりかえしスプレーすることで効果を高めることができる。靴に向いている。

の2種類があります。

ということで、靴にかける防水スプレーはフッ素系が良いです。
ただし、素材によってはフッ素系の防水スプレーでも使えないものもあります。
事前に商品詳細を確認しましょう。

用意するもの

使うものは2点のみ、

・防水スプレー
・靴

あると便利なものは、

・ダンボール・・・風でスプレーが飛び散るのを防ぐ
・マスク・・・スプレーを吸い込むのを防ぐ
・ゴム手袋・・・スプレーが手につくのを防ぐ
・ゴーグル・・・スプレーが目に入るのを防ぐ

新品のうちにスプレーをしよう

防水スプレーには防汚効果もあります。
まだ汚れていない新品の時にかけることが重要です。

30分ほどで効果を発揮してくれるので。
使用するちょっと前にスプレーすれば大丈夫です。

スプレーは必ず屋外でかけるようにしましょう!

防水スプレーのかけ方

今回使用した防水スプレーは、アメダス420mlです。
革靴や布地、起毛革(スエード、ヌバック)等、
オールマイティに使える定番中の定番ですね。

コロンブス アメダス 420ml 防水スプレー

今回スプレーをかけるスニーカーはニューバランスのML574。

ニューバランス ML574 EGG

スプレーをかける前に紐をほどきます。

紐を取ったニューバランス ニューバランスの紐

靴の内側にスプレーが入らないように新聞紙を詰めます。
新聞紙は湿気を吸い取ってくれるほか、消臭効果もあるので、
普段から入れといても良いですよ。

履き口に新聞紙を詰めたニューバランス

スプレーをかける時にダンボールを使用すると風よけになって便利ですよ。

amazonのダンボール

靴から30cmほど離し、生地がしっとりするまでスプレーをします。
同じ場所に3秒以上スプレーしないようにしましょう。

ニューバランスにアメダスをかけるところ

紐にも念入りにスプレーします。

防水スプレーをかけた後のニューバランスの紐

スプレーが乾いたらもう1回繰り返すと効果的です!

フッ素系のスプレーは塗り重ねるほど撥水効果が強くなるので、
履く頻度にもよりますが、週に1~2回かけとけばバッチリですよ。

防水スプレー比較

防水スプレーっていがいと高いんですよね。
とくにアメダスとなると420mlで2000円近くになります。
靴をたくさんもってたら相当な出費ですね。
そんな出費を抑えたいって人必見!
アメダスと別のリーズナブルなスプレーの効果を比較してみました。

コロンブス アメダス420ml

防水スプレーといったらこれっていうほど定番商品!

コロンブス アメダス 420ml 防水スプレー

コニシ ボンド 防水スプレー ハイパワー

アメダスより知名度は劣りますが、ホームセンターなどで置かれていたりします。

コニシ ボンド 420ml 防水スプレー

今回はこの布地にスプレーを吹きかけてどれだけ持続力があるかを検証しました。

防水スプレー実験

なるべく同量をかけたつもりですが、多少の誤差はご了承を!

こっちがアメダス。

防水スプレー実験

こっちがボンド。

防水スプレー実験

そして両方に水をかけてみます。

防水スプレー実験

3月7日 16時10分
ちょっとボンドのほうが多くなってしまった。。。

防水スプレー実験

3月9日 9時15分
かなり水が減ってきた。

防水スプレー実験

この時点でまだアメダスは水が布に浮いているが、

防水スプレー実験

ボンドのほうは布に水がしみ込んできていました。
てかこの画像見ずらいですね。

防水スプレー実験

3月9日14時32分
ここまでくるとアメダスにも変化が!

防水スプレー実験

水がしみ込んできたー。
が、まだ少しだけ撥水効果を発揮。

防水スプレー実験

ボンドは水のハリがなく、かなり布にしみ込んできた。

防水スプレー実験

3月9日19時40分
アメダス、若干の撥水力を残し粘り勝ちです!
ボンドも頑張りましたが、すべてを布に吸い込まれ無念の敗北です。

防水スプレー実験

今回スプレー量や布に乗せる水量の誤差があったので、必ずしもこういう結果にはならなかったかもしれません。
素人の確実性のない実験だと思ってください。

なにはともあれ、今回の実験で、

・アメダスはやはり撥水効果と持続量がある
・ボンドもまずまずの効果を発揮する

ということがわかりました。

この結果を踏まえ私的な考えですが、

お気に入りの靴にはアメダスを!
そうじゃない靴はボンドで!

という作戦でいこうと思いました。

Amazonプライム会員なら日時指定ができておまけに送料無料ですよ!
映画もアニメも本も見れて、音楽も聴けて月額500円。超お得です!

防水スプレーはほかにもたくさんあります。
みなさんのお好みに合うものがみつかるとよいですね!

まとめ

靴に防水スプレーを使うときは

・フッ素系を選ぶ
・必ず屋外でかける
・新品のうちにかける
・紐は外して別にかける
・靴から30cmほど離してスプレーする
・生地がしっとりするまでスプレーをする
・同じ場所に3秒以上スプレーしない
・乾いたらもう一度スプレーする
・週に1~2回スプレーする

これだけやれば雨なんてこわくない。

みなさん、雨の時期でもハッピースニーカーライフでいきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket